ANAマイレージ徹底検証 > ANAマイレージ基礎知識 > 1マイルって、いったいいくら?

1マイルって、いったいいくら?

マイルはある程度貯まったが、そもそも貯めた1マイルっていくらなの?

と思う人はたくさんいるはずです。たしかに、多くのデパートや家電量販店のポイントは、1ポイント=1円としてその店の商品と交換することができます。ところがマイルの場合、ANAマイレージクラブ・ご利用ガイドを見ても、1マイル=○円とは書いてありません。

これにはわけがあるのです。詳しくは使い方のページで述べますが、特典航空券といわれる無料の航空券と引き換える場合、ANAご利用券と引き換える場合、電子マネーEdyに換える場合などで、換算レートが異なるため、一概に1マイル=○円とはいえないのです。

しかし、それでも貯めた1マイルの価値が知りたいと考える人は多いことでしょう。そこで本書では、目安として「1マイル=2円」と表示し、使うときの商品やサービスの価値が、1マイル=2円以土であれば得をし、以下であれば損をすると考えることにします。

たとえば、現在は、ANAマイレージクラブでは1万5000マイルで国内線2区間の特典航空券と引き換えることができるので、東京~那覇の往復航空券として使うとします。仮にANA正規の割引運貫「特割1」で予約すると、片道約3万3000円です。往復だと6万6000円になるため、この場合は6万6000円割る1万5000マイルで、貯めた1マイル=4・4円になります。これは得をする(価値が増える)ケースです。

では、ANAグループ各社で使えるクーポン券「ANAご利用券」と引き換えるとどうなるか計算してみましょう。ANAご利用券の場合、2万マイルを3万円分のクーポン券と引き換えることができます。3万円を2万マイルで割ると、1マイル=1・5円です。少し損をしてしまいます。

さらに、電子マネーEdyの場合は、1万マイルを1万円分の電子マネーと交換できます。このケースでは貯めたIマイル=1円です。さらに損をしてしまいます。

しかし、一概に損をすると決めつけることはできません。マイルは飛行機に乗ったときやショッピングをしたときにもらえるおまけのようなものです。マイルそのものを現金で買ったわけではありません。また、換算レートが良くないものほど使い道が多くなります。Edyなどは現金に近い感覚で使え、用途は格段に広がるわけです。

つまり、貯まったマイルを使う際には2つの考え方を持つべきです。

一つは、得か損かという考え方。換算レートの良い使い方をするということです。最も換算レートが良いのは、特典航空券や国際線アップグレードです。したがって換算レートの良い使い方を追求するなら、貯まったマイルをこまめに使わず、貯められるだけ貯めておき、そうした用途に使うほうがいいでしょう。

もう一つは、使う目的をある程度明確にするという考え方。特典航空券と引き換え旅行をする、電子マネーEdyにして現金のように使う、などです。

もしショッピングなどで使いたいと考えるなら、電子マネーが最良の使い方になるでしょう。Edyにするには1万マイルあればいいので、1万マイル貯まったら、どんどんEdyに引き換えてしまいます。

貯めたマイルには有効期限がありますが、Edyにはないのですから、その場合は1マイル=1円でもがまんしましょう。1万マイル貯めるだけで1万円のお小遣いができると考えればいいのです。

こうして考えると、実はマイルは貯めるだけでなく、使うことにも知識が必要なのです。次の項からは、具体的なマイルの使い方、貯め方を見ていきましょう。






キーワード